育児中の言葉には気を付けなきゃ。

現在子育て中。

 

いい子に育ってほしいとか、頭良くなってほしいとか、そんなに高望みはしてないけど、自分の考えとかをきちんと持てる子になってほしいな、なんて漠然と考えたりします。

 
ある日、わたしが趣味で集めてるアロマキャンドルを子供が手にとって、くんくんと臭いを嗅いでいました。

 

すると横にいた母は、「くさいくさい?」と子供にいいました。すると子供がアロマキャンドルを手に取る度、「くさいくさい」と言うようになりました。

 
母はアロマキャンドルとか、いわゆる香りのついたものは嫌いで、一方わたしはアロマ系が大好きです。

 
子供は母のひと言で、このキャンドルはくさいんだ、とインプットされたんですね。

 
なんかちっぽけなことだけど、あぁ、勝手に印象付けちゃったな、なんて思った昨今でした。

 

一言一言気をつけなきゃ。

 

あんまり気にし過ぎてもダメだと思うけど、大事な事だと思います。

暴れすぎな子供達

子供達が暴れまわっています。

 

日曜で旦那は夜勤でいないので好き放題しているので私はとても大変です。

 

 

せっかく敷いた布団もぐちゃぐちゃになったり、明日からは幼稚園に小学校が始まるので明日着ていく服を用意してあげているのですがそれもぐちゃぐちゃでちょっとイライラしますね。

 

 

ちょっとどころではないかもしれないです。

 

 

先月は子供達や私が体調を崩して、しかも長引いたりしてきつかったので元気なのは嬉しい事だなとは思うのですが元気すぎるのも問題ですね。散らかしたら片付けてくれると私も楽なのですけどね。

 

 

教えるのも手間で、私がした方が早いと思ってしまって全部してあげるのがいけないですよね。わかってはいます。躾というか子育ては難しい事が沢山です。

 

 

次に若し片付けなかったら必ず叱って自分たちでやらせます。じゃないとダメ大人になってしまいそうです。

がん検診に行こう

最近、テレビで芸能人の方がガンであることを告白したというニュースをよく目にします。

つい他人事だと思ってしまいがちですが、私もがん検診に行かなきゃなと思いました。

私は母が以前乳がんになり、幸い再発もなく10年が過ぎたのですが、母にも乳がん検診に行くようにいつも強く進められています。

まだ20代なのであれこれ検診を受けたりはしていないのですが、母の言葉もあり、私自身も少し気になることがあったので、去年初めて乳がん検診に行きました。

20代のうちは、まだガンに対しても意識が低い人が多いと思うのですが、若いうちにガンになるとその分進行も早いので、若いからこそ積極的に検診に行くべきかな、と思います。

食生活なども影響しているようなので、食事も見直さなければな、と改めて思いました。

食事に関して少し調べてみると結構あるものなんですね。ガン予防の為の食事って。

下剤中毒

便秘だと思い込み毎日、便秘薬服用。長年、そんな生活をしてきました。毎日なんて中毒ですよね。

 

最近、腸活が流行ってます。私も、味噌汁や甘酒飲むようになりました。一度始めるとハマります。

 

便秘薬がきれたので薬を辞めてみる事に。それが、意外と排便があったんです。思い込みだったのかな。

 

そして、便秘薬だど下痢気味でしたが使わないと元気な排便。そして、お腹ぽっこりがなくなりました。

 
便秘薬のせいで逆にお腹が張っていたのかもしれません。思い込み便秘って怖いですね。そして、身体の調子がすこぶるいい。
栄養がちゃんと吸収されているんでしょうね。
自分は、便秘だと思って薬で出してる方も以外と、便秘じゃなかったなんて事もあるかもしれません。

 

人間の体は本来の食生活をしてれば、それだけで健康体を維持できるのでは?なんて思ってしまいます。

 

 

 

規則正しい生活は何処へ

私はこたつで寝るのが得意な人間です。
冬に必須なこたつは、ある意味恐怖の家具とも言えます。私は絶対に寝てしまうからです。

 

また、一人暮らしの私は暖房代をケチるため、部屋の中は寒くこたつから出られません。

 

おかげで家に帰ったらやろうと思っていたことのほとんどは後回しになります。

 
夕飯を食べ終えてからお風呂に入るのにも苦労します。今年は特にその現象がひどかったです。

 

こたつがいらない時期になれば行動的になれる!そう思っていましたが、いざこたつを片付けた今も、結局夕飯後はベッドに寝そべり携帯を見ている内に眠りについています。

 
以前はご飯を食べたらすぐお風呂、お風呂を出たら食器を洗い明日の準備!が出来ていたのに今では実行出来ていません。
ぐうたらとした生活はこたつのせいではなく、自分自身のせいだったのでした。

 

皇潤極を購入する前に

皇潤極を購入しようするとのは、きっとほとんどのケースは膝の関節痛を少しでも和らげたいと思っているからだと思います。

 

 

年齢を重ねていくにつれて、関節の軟骨をだんだんとすり減ってしまうものなので、誰しもいずれは大なり小なり関節に違和感や痛みを感じる時期がくるものだとは思いますが、そんな時に試してみたいと思うのが皇潤極だと思います。

 

 

そんな皇潤極ですが、このサプリメントを購入するに際しては何か注意しなければならないことはあるのでしょうか?

 

 

個人的にはいくつか注意すべき点があると思うのですが、それは普段の食事をできるだけ栄養バランスのとれたものにすることが実は皇潤極を購入したあとに効果を感じるためにはとても大切なことなのではないかと思います。

 

というのも、皇潤極は栄養補助食品ですが、その栄養補助食品をとる前に何かの栄養が不足している状態だとその不足分を充足させるために皇潤極の栄養が使われてしまうことになります。

 

 

となると、すり減った関節軟骨のために使われる栄養が少なくなってしまいますよね。そうなれば当然関節痛も緩和されにくくなってくると考えられるんですね。

 

ですので、皇潤極を購入して実践していくのであれば、普段の食事にも多少は気を使うべきではないかと思いますよ。

ノマドワーカーになって仕事をする事になったが。

昨年の秋から週に1回ノマドワーカーになって仕事をするようになった。
と言うのも自宅では隣の「部屋がうるさい」と言う事もあって集中が出来ないと言う事になる。

 

そこでノマド施設で仕事をする事になると言うが地元ではこうした施設がなくバスで鹿児島市内に出なければならない。
こうした施設があると言うが場所の不便さもあると言う事も視野に入れているので仕方がないと言う事になった。

 

最初に行った所は駅から近いので買い物などには影響はなかったが年明けに閉鎖となったが自習室が残っていると言うが入る気になれない。
また、他のノマド施設に行ったがここはバスから徒歩になるので遠くなった。

 

いろんな所を調べて行ったがちょっと不満もあったと言うが最近は口コミでカフェが出来るノマド施設があるのでベストだと思っている。
ランチもあるのでいいと思ったが値段が高いので飲み物で十分だと思った。

 

今でも利用をしているので便利だと思っているかも知れないが仕事は増やしたいと思っているのです。

春の味覚

夫の両親と二世帯住宅で同居しているのですが、昨日義父から家の畑で採れた野菜と山菜をもらいました。

 

春の野菜のとう菜と山菜のタラの芽です。とう菜は茹でていつも食べているのですが、子どもに食べさせるのに少し苦労しています。

 

小さい頃は子どもの好物だったのに小学生になってから味覚が変わったのかあまり食べてくれなくなりました。

 

また、タラの芽は山菜ですし独特の香りがあって私は好きなのですが子どもにとっては香りが気になるらしく、天ぷらにしてもあまり食べてくれません。

 

ですが今回せっかくもらったので何とかして子どもに美味しく食べてもらおうととう菜とタラの芽の肉巻きを作りました。

 

自分では初挑戦なので皆に美味しく食べてもらえると良いのですが。お夕飯の時の反応が楽しみです。

 

もし、いまいちの反応がでてきたら?という恐怖感も若干ありつつ。
それと、春は野菜もおいしいですよね。春野菜の効能について−情報コーナー−2011年4月

終電逃してネットカフェへ。ちょっと面白かったです。

先日、用事があり遠出をした際、うっかり終電を逃してしまいました。
しまった、しっかり時間を確認しておくんだった、と後悔したものの、とりあえず駅にはいられないので、駅周辺でその夜の宿を探すことにしました。

 

そこそこ大きな駅だし、すぐに宿が見つかるだろうと思っていたのですが、目につくホテルに飛び込んでも、付近の宿を検索して電話してみても「満室です」と断られてしまいました。

 

あれ、どうしよう、と思っている間にどんどん時間が過ぎ、駅周辺にもどんどん人気が少なくなっていきます。

 

まさかこの寒いのにここで野宿?と青くなっていると、目の前にネットカフェの看板が目に入り、すかさずそこに入りました。

 

以前、友人から「ネットカフェでゆったりとしたシートにもたれて一晩過ごしたことがあるが、気持ちがいいよ」と聞いたことがあったのを思い出したのです。

 

ネットカフェで過ごすなんて初めてだけど、どんな感じなんだろう?とドキドキしながら入ったのですが、柔らかいフラットシートのある個室があり、飲み物は飲み放題、シャワー室まであり、意外にも朝まで快適に過ごせたのでした。

 

ホテルには泊まれなかったけれど、そういうところで一晩過ごしたことがちょっとした冒険のようで、面白いなあと思った出来事でした。

新車に乗っていろいろ試す

想像はしていましたが12年ぶりの新車の進歩は素晴らしすぎてついていけない程でした。

 

 

担当してくれた営業の方が時間をかけて説明してくれましたが、私も夫も乗って見なければと早速新車で出かけました。

 

 

ガソリンスタンドで給油して、5kmほど先にあるインターから高速道路に入りました。

 

 

真っすぐ進む分には車は車なので今までと同じです。

 

 

営業の方の話を聞いていたつもりが理解していなかったため、早速夫はあれ?あれ?を連発し出しました。

 

一定の速度で自動で走るのを試したかったらしいのですが、設定の段階でミスだったようです。

 

 

一区間高速に乗って下りましたがせっかく来たんだからケーキ屋さんによって買い物をしようと駐車場へ入りました。

 

これからは車は自動運転とか言ってますが、いったいどこまで進化するのでしょうね。ちょっぴり楽しみかも。