油と女性ホルモン

出るべき仁ところは出て、引っこむべきとこらは引っこむ、メリハリのあるボディラインを手に入れるにはたんぱく質が必須。 

だから、「食べるだけダイエット」では焼き肉大歓迎! 

がっつりお肉を食べて、脂肪をガンガン燃やして、「ボン、キュ、ボーン」のボディになってモテーオーラ」を輝かせるのは、この食べ物!女性がモテるかモテないかは、油で決まります。

なぜなら、男性を引き寄せるフェロモン、そして女性ホルモンは油でできているからです。 

もう少し詳しくいうと、女性ホルモンをけじめ、成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどのホルモンは、すべてコレステロールからできています。

そして、コレステロールは食事からとった油に含まれる脂肪酸からつくられます。

つまり、いい油をとらないと、いいホルモンができないのです。 

ところが、ダイエットを始めると油をカットしてしまう女性が少なくありません。 

ノンオイルドレノッシングを使い、油分のないバサパサのヘーゲルを食べ、脂を流すプーアル茶を飲む、そんなふうに油を徹底的に排除したダイエットを続けていると、体内の油分はすっかり抜けてしまいます。 

すると体は、なけなしの油を代謝に関わる甲状腺ホルモンなど生命維持に不可欠なホルモンに優先的に回すようになり、性ホルモンへの供給はカットします。 

体にしてみれば、栄養不足で牛きるか死ぬかのときにオスを引ぶつけている場合じゃない! というわけです。

だから、油抜きダイエットをすると途端に生理不順になるし、という女性は、油不足でホルモンが出ていないのでは。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.