東芝のリストラは成功するか?

東芝が大規模なリストラを発表することになりました。このリストラが実行に移されれば、巨額の赤字を計上した財務状況は一時的には改善する見込みのようですが、財務をか改善したとしても肝心の事業運営がうまく回らなければもちろん意味はありません。

さて、今後の東芝の事業についてですが、正直家電部門のビジネスは以前厳しい状況が続くでしょうね。

特にテレビはもう完全に撤退してしまっていいのでは?と思うぐらいの環境だと思います。

すぐに技術の向上があるし、それになんといっても価格競争に巻き込まれながらの事業の好転は難しいのではないでしょうか?

そんな余裕は今の東芝にはないはず。

エネルギーに関しても、リスクの高いビジネスであることから、そう簡単には事は運ばれないでしょう。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.