とてつもない会計操作になりましたね。東芝は。

東芝の会計操作の問題がとりだたされていますが、これは歴史に残る粉飾決算といってもいいのではないでしょうか?

利益額の上積み額はどうやら3000億円を超えてくるとのことですが、これはつまるところ3000億円もの会計操作があったことを意味しますが、こうなると株主をだましたというか、経営危機に陥ってもおかしくない程の状態になる可能性があります。

今後の仕事の受注はこの事件によって減少することはほぼ間違いない事実だと思いますが、赤字に転落してからさらにこうした状態が続くとなれば、まさに経営が立ち行かなくなる可能性を秘めています。

大企業だから・・・、昔はそんな言葉をよく聞きましたが、現在ではそんな言葉は何も意味を持たなくなってきているのではないでしょうか?


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.