ふいに目に飛び込んできた自分の顔が酷い件

ガラスでも金属でも何でもいいですが、全く自分が予想していないタイミングで自分の顔が映っているのが見えることがあります。

 

そんなときの顔が高確率でとにかく酷いのです。

 

老けてるし、表情に乏しいし、冴えないおっさんを絵に描いたようで、普段鏡で見る顔との落差に愕然としてしまいます。

 

なんでも、脳は網膜に映った映像をそのまま見ているのではなく、修正を加えてから見ていると聞いたことがあります。

 

例えば、鼻は常に視界に入っていても、意識しない限り邪魔にならないですよね。

 

ここからは想像ですが、自分の顔を見る時も脳は自動的に修正を加えて、ましに見えるようにしているのではないでしょうか。

 

もしそうなら、意識して鏡を見た時と違い、偶然目に飛び込んできた顔には修正が効かずに、残念な顔に見えてしまうのもわかります。

 

それにしても恐ろしいのは、残念な顔のほうが他人から見た自分の顔だということです。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.