久しぶりに見た真央さんの演技

平昌オリンピックが閉幕しましたが、冬季オリンピックの花形競技といえばフィギュアスケート。

 

普段からシーズンが始まるとフィギュアスケート観戦をしていますが、今回のオリンピックでも素晴らしい演技を見せてくれる選手がいました。

 

私の中ではアメリカのネイサン・チェン選手がショートで出遅れながらもフリーで4回転6回という圧巻の構成でほぼノーミスの演技を披露してくれたことが心に残っています。

ソチオリンピックの浅田真央さんの時の状況と似ているので、久しぶりに真央さんの現役時代の演技を動画で見てみることにしました。

 

ソチオリンピックのフリーはもちろんですが、他の演技もどれも人間味が溢れていて内から輝くものを感じました。真央さんのフィギュア人生にはドラマ性があり決して平たんではなかったことを思い出し涙が出てきました。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.