医療の人材は都心に集中?

医科大学というのは全国に設置されています。これは昔に医師が不足していたことから、医師をもっと増やして、医療環境を充実させようとした試みの結果と聞いたことがありますが、現在の状況はというと、医療関する人材というのは、やっぱり都心部に集中しているみたいですね。

もちろん、地方都市においては医療関係の人材がたくさんいるところもありますが、それでやはり不足しているところの方が圧倒的に多いのではないかと思います。

さて、こうした医療系の人材不足を補おうとする試みはどうやら行政サイドでも対策をしようとしているところがあります。

例えば石川県なんかはいい例だと思います。

どれだけの人材が集まるかは別にしてもまずは、とにかく募集をしてみる。これってすごく大切なことですよね。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.