消費は10%に増税されるのか?

消費税が5%から8%に上がってからだいぶ経ちますが、最終的には10%まで上がることになっていますね。そして、その時期が今議論を巻き起こしています。

 

本来であればもうすぐ10%に消費税は上げるという前提で様々な政策が実施されていきましたが、ここにきて中国経済の減速もあり、経済の先行きに停滞感がでてきたことから、10%への増税は見送った方がいいのでは?という考え方がでてきました。

 

以前はもう延期はない!と安部晋三首相が断言していましたが、現状の景況感を考えれば、先送りにした方が良い、という考えの方が多数派なのではないでしょうか?

 

個人の収入が伸び悩むなかで、増税という事になれば、さらに消費意欲は下がってしまいます。

 

過去に延期はない、と断言しているだけに、どうなるか注目ですね。

 


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.