自転車運手の講習が

自転車といっても、そのでるスピードは人を怪我させるものに十分なスピードがでることもありますよね。

そして、近年問題となっているのがスマホをさわりながら自転車を運転したり、音楽を聴きながら運転することによって、周囲への注意が薄くなってしまったことによって事故を起こしてしまうケースが急増しているようです。

これらの状況を受けて、警視庁のホームページにも自転車講習についてのページが掲載されるようになりましたが、これだけでこらかも事故がへるかどうかについてはちょっと微妙なのではないだろうか?と感じてしまうふしがあります。

というのも、飲酒運転のときには、ダメだダメだといってもやる人が後絵を絶えなかった現状から、最終的には罰金を大幅に引き上げることで飲酒運転は大幅に減らすことができるようになりました。

今回ももしかしたら最終的には罰金で対応することが最も効果的なのでは?なんて思ってしまうからです。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.