辺野古の基地移設は

沖縄の辺野古にアメリカ軍の基地を移設する問題はかなり複雑にそして、もしかしたら移設計画自体がとん挫するような状態になってきましたね。

辺野古に基地を移設するための法律的な手続きにおいて瑕疵、つまり欠点があったということが判明しましたが、日本は法治国家である以上は、この法律的な瑕疵は無視することができない存在です。

政府としては東南アジアの安全保障を考慮した場合、沖縄に基地を設置する必要性があると考えていますが、仮にこの計画自体が一度取り消しになるとすれば、その安全保障にリスクが生じてしまうのではないでしょうか?

どこの県も自分たちが住んでいるところに基地は作られたくないと思っていると思います。もちろん、それは沖縄県も。

難しい。非常に難しい話だと思います。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.